離婚の際にもらえるお金は?別れた後の生活が不安な女性へ

離婚の際にもらえるお金は?別れた後の生活が不安な女性へ

夫との離婚を考えているけれど 別れたあとの生活に不安がある。

 

 

離婚したら実際のところ どれくらい慰謝料などをとることができる?そんな「金銭面」の不安が大きい女性へ。

 

 

浮気などで気持ちはすっかり旦那から離れてしまっている状態。

 

 

ただ現実問題として 別れた後に本当に生活できるのかどうか。ふと冷静に考えて 不安になって思いとどまっているかもしれません。

 

 

離婚が決まると 奥さんの手元にはどんなお金が入るのでしょうか。

 

 

離婚後にもらえるお金

 

 

慰謝料(和解金)

 

離婚時にもらえるものとして 真っ先に思い浮かべる人も多いものです。

 

 

この辺の折り合いがうまくいかず 裁判になるケースも多いので注意を。

 

 

一般的な相場として 平均的な収入のサラリーマンを持つ女性であれば、財産分与と慰謝料を合わせて200〜300万円くらいが相場です。

 

 

 

離婚原因・婚姻期間・資力・責任の割合・年齢などにより前後はします。

 

 

旦那さんの不倫相手に請求することもできます。ただし、相手が仮に支払いに応じたとしても

 

 

その分、旦那さんの慰謝料が減額されることもありますので、一概に良いとはいえないのです。。

 

 

 

通常の話し合い(離婚協議・調停)で決まれば良いのですが、 なかなかこの段階ではすんなり払ってくれる男性は少ないもの。

 

 

裁判になり弁護士費用もかかって200〜300万というのが現実。

 

?

〜財産分与とは?〜

 

「結婚生活の中で得た財産は公平に精算する」という原則の元で、夫婦の共用としている財産のことです。

 

 

「不動産・マイカー・家具家電・預貯金・保険・有価証券・貴金属」

 

 

これらが該当します。そこから各種ローンを差し引いた額で決定します。

 

 

現実にはこの分と 慰謝料を併せて上記金額になることが多いです。

 

 

?

養育費

 

子供が成人するまでの生活費や学費も 重要なものになります。

 

 

相場は子供1人につき3〜5万/月です。

 

 

この金額は裁判所にて 養育費算定表を元に決めています。

 

 

比較的スムーズに決まることも多いものではありますが、実際に子供が成人するまで きちんと支払う親は2割程度。

 

 

途中で放棄する父親が多いという現実もあります。

 

 

やっぱり旦那は憎むべきですけど、子供はずっと宝です。

 

 

だからこそ、しっかりと子供を成人して社会に送り出すためにも、しっかり旦那さんには養育費を払ってもらいましょう。

 

 

夫の浮気で別れたい奥さんへ|必要な手続きを紹介します